雑記ダイハツコペンを運転したよ!

 昨日、愛車ココアの18か月点検でお店に行ったとき、点検待ちの時間コペンを見せてとお願いしたところ、店長さんがオープンにしてくれて『折角だから運転してみる?』と!
 で、オープンにしてくれて『行ってらっしゃい』と言われたので、「店長も乗らなくていいの?」との問いに『どうぞ!』

 オープンにする操作はAピラー上部のロックを左右2か所外して、座席左後部のレバーを後方に引き続けるタイプで、およそ20秒(下記コペンサイトに記述があったw)で後部トランクに格納される。操作時同時に左右のサイドウィンドも全開になる。
https://copen.jp

 走り出しは全く普通の軽自動車、とは言ってもココアもそうなんだけれど、最近の軽はストレス無く加速してくれるのと、下ろしたての新車なのでアクセルは緩めにw
 交通量は少なめだったのでもう少しアクセルを吹かしても、ダメダメ40キロ道路です!w

 フルオープンでも風の巻き込みが感じられず何かいいぞコレ!!

 オープンカーなので路面の歪みに対してフレームがねじれる感じがしたのは、ココアの様なAピラーが垂直に近い車に乗っているせいもあって、コペンの様な空力を考慮したAピラーが寝ているタイプだとルーフがクローズしていてもかなり視線に近い位置にAピラー上部グラストップ部が気になり天井も低いので、座席で感じる揺れがピラートップでは1テンポ遅れて揺れる感じで視界に入り何となく違和感を感じた。

 ステアリングは街中の数分の試乗のため特筆する感想はないけれど、メーターの配置はスポーツ感がありシートも窮屈感のないセミバケットで悪くない。

 街乗りでは4速までしか上がらなかったけれど、7速ATも気になるところで試したければ買うしかないのだが、懐に十分ゆとりのある大人のセカンド或は趣味のサードカーとしてのツールという感じの車かなと。

 上記以外で気になったところとしては、外観を損ねかねない部分ではあると思うけれどサイドミラーに写る範囲が狭いかな。あとは私は決して足は長い方ではないけれど、乗車時と降車時に右足を大きく折り畳まないと引っかかる感じがした。

 
 車に限ったことではないが、そのものの良さを語るには半年や1年かかっても気づきにくい点もあるのですが、試乗が1キロほどの時間にして数分であったにせよ偉そうに語ってみましたが、コペンみたいな車欲しいと思った。
 でも、いまはココアのゆったり感がちょうどいい。

 そうそう、ココアもマイナーチェンジしていたのね!
 キーレスドア施錠・解除のボタンが3か所になったり内装カラーの選択肢が増えたりと羨ましい改良部分があるけれど、外観の変更でサイドウインカーは仕方ないとしても、フロントフェイスのデザインは微妙に不細工になった気がして、ちょっと残念!w

 うちのココアちゃん、これからも毎日の移動のお伴どうぞよろしくネ!

書いた日時: 2014年10月12日 日曜日 10:52
カテゴリー: 雑記.
この記事を購読する。| Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.